看護師の種類

看護師について

看護師には、正看護師と准看護師があり、どちらも課程を修了した資格ですが、行える業務には差があります。

看護師の種類

2030年には国内における高齢者の割合が三割を超えるといわれている超高齢化社会を迎えている日本ですが、そのためますます医療への関心は高まってきています。

医療、病院関係の人材が不足することが想定されており、その中でも看護師が今まで以上に重要な存在感を増してくることが考えられます。

看護師の仕事とは、医師のサポートの他に、直接患者と話す他身の回りの世話をする立場であり、患者からすると医師以上に信頼感を与えてもらえる存在であるとも言えます。

看護師には正看護師と准看護師の資格があり、正看護師は国家資格のため厚生労働省によって認定されます。

看護専門学校に数年間通い、課程を修了すると国家試験への受験資格を得ることができ、合格した人のみが正看護師となります。

対して准看護師は都道府県知事によって認定されるしくみになっており、そのためには准看護師学校で二年間課程を修了すると准看護師の受験資格を与えられます。

准看護師を認可するのは各都道府県であり、そのため行える医療業務に差があります。

正看護師は自分の判断で必要だと思われる看護業務を行うことができますが、准看護師ではそのようなことは許されず、医師や看護師の指示がない場合は業務を行うことができません。

おすすめリンク

日本循環器看護学会
看護師について Copyright (C) www.espritdecorpadventureracing.com. All Rights Reserved.